365日のシンプルライフ

あなたの”人生で大切なもの”は何ですか?

「365日のシンプルライフ」というフィンランド映画を知っていますか?
2013年に公開され、主人公のペトリ君が脚本と監督も務めるこの映画のストーリーは・・・
   
彼女にフラれ、モノで溢れ返った部屋に嫌気がさしたペトリ君。
生活をリセットするために部屋にある全てのモノを貸倉庫に入れてしまいます。
何もない部屋に全裸のペトリ君。
深夜の街中を倉庫に向かって爆走==!!

「毎日、1つだけモノを持ち帰える」
「1年間、続ける」
「1年間、何も買わない」

というルールで、1日1個、倉庫からモノを持ち帰る実験生活を始めます。
真冬のヘルシンキ。
暖房もない真っ暗な部屋で1品目に選んだロングコートにくるまり、寒さをしのぎますが…
サバイバル映画なの?寒くて寝れないよ~((+_+))

1~365日目までペトリ君が選んだモノのリストが作品パンフレットの背表紙になっています。
はじめはコート、靴、毛布、ジーンズといった寒さから身を守るためのモノを選び、次に下着やタオルなどの身だしなみを整えるための着替え。
さらに、生活や仕事で必要な食器、鞄、時計…。
倉庫の前で何を持ち帰るべきかを真剣に悩み、モノと向き合っていく生活を送っていきます。

ところが、100個目あたりからは、「ないと困るモノ」から「あれば便利・快適なモノ」にシフトし、ソファーやベッドって、本当に必要なのかと考えはじめます。
携帯電話もなく一人家にいる寂しさや退屈を紛らわすモノが欲しくなることを知ったり、心配して食料を運んでくれる家族や壊れた冷蔵庫の修理を手伝ってくれる友達。
実験生活を通して、自分を幸せにするのはモノじゃないのかもと気づいていくペトリ君。

生きていくために必要なモノ

暮らしを便利・快適にしてくれるモノ

持っているだけで幸せになるモノ

形のないモノ・・・

モノには、「必要なモノ」と「豊かにしてくれるモノ」という2つの側面があり、モノを持つ基準も人それぞれ。
モノはその人が生きる価値観の表れでもあります。

何を選択するか?自分にとって必要なものはどれ程なのか?
この映画の公開後、ペトリ君をまねて実験生活をした人がたくさんいたとか。
人は誰でも、新しいモノや人が持っているモノが欲しくなるものです。
モノがあふれた暮らしの中では、自分にとって何が必要かが見えなくなっていまう。
モノが簡単に手に入る時代。モノに囲まれることでの疲労感。
そして、モノで幸せになれないことにも薄々気づいている。

だからこそ、断捨離、片付け、シンプルな暮らしが求められているのかもしれません。
ペトリ君とは手法が違うけれど、「お片付けサポート」も、お客様にとって”必要なモノ”、”大切なモノ”を見つけていく作業なんです。
モノと向き合うことは、自分自身を知ることでもあります。
これから先の未来をどんなふうに暮らしていきたいか?
是非、考えるきっかけにしていただけたらうれしいです(^^♪

今思えば、この映画は私がモノについて考えてみようと思ったきっかけの作品だったのかも。
興味のある方は是非DVDをレンタルしてみてくださいね。

yamepi